HOME > 鍵の耐用年数について

鍵の耐用年数について

は、私たちが安心した日常生活を送るために必要な道具です。自宅の鍵、の鍵など、毎日どこかで鍵を使っています。防犯や安全のために鍵は欠かせないものですが、同じ鍵を長年使い続けていると、寿命がきてしまいます。
こちらでは、鍵の耐用年数についてご紹介いたします。

耐用年数とは

錠前の製造業者による団体組織であるJMLA(日本ロック工業会)が設定するもので、錠の基本性能を保守・点検により維持できる期間、取り替えの時期を表します。つまり、取り替え時期の目安となるのが耐用年数です。ある程度の耐用年数を把握しておくことで、鍵先が折れるなどの急なトラブルも想定でき、未然に防ぐことが可能です。
耐用年数は、新しい合鍵を作る目安として参考にしましょう。

鍵の耐用年数

JMLAのガイドラインによると、一般的な鍵の耐用年数は10年、電気錠は7年とされています。鍵を手にした時から耐用年数を考えると良いでしょう。しかし、耐用年数はあくまでも目安です。毎日使い続けていると鍵の強度も弱まってくるので、耐用年数に満たないうちに折れてしまうことも時にはあるでしょう。そのため、耐用年数内でも定期的に点検を行っておくと安心です。

寿命の目安

長年の使用により、鍵も金属疲労を起こします。疲労によって歪みが生じ、鍵穴に挿すことは可能でも回しづらくなる場合があります。コツをつかめば鍵の開閉が出来るという場合も寿命の目安として考えましょう。余計な力をかけて鍵を回していると、鍵の破損に繋がります。鍵に違和感があれば専門業者に相談するなど、早めの対策を取ることがおすすめです。

寿命による鍵の交換紛失トラブル防犯対策でお困りの方は、岡山倉敷香川を拠点にしている当店にご相談ください。住宅や車をはじめとして金庫やその他、鍵のトラブルに対応しています。岡山倉敷香川のみならず、岡山県南全域という幅広いエリアに24時間出張対応します。鍵で困ったことがあれば、ぜひ当店をご利用ください。

カギのトラブル何でもご相談ください!!24時間出張致します。カギの110番 安心ロック 0120-39-3369 【対応エリア】倉敷・岡山・玉島・児島・水島・玉野・笠岡・総社・高梁・長船・備前・香川