HOME > カギのトラブルについて

カギのトラブルについて

カギ紛失の経験がある方は多いのではないでしょうか。カギがなくなると、住宅に入れない、バイクに乗れないなど様々な不便がでてきます。こちらでは、このようなカギのトラブルについてご紹介いたします。

カギの破損

カギは消耗品であり寿命があるので、耐久性が低くなると曲がったり折れたりする可能性があります。
また何らかの負荷がかかり、カギが曲がった場合は、金属疲労を起こしている状態です。
そのため無理に戻そうとすると折れてしまう恐れがあるので注意が必要です。

スペアキーがあるなら安心ですが、折れた物がマスターキーだった場合でも折れた部分によっては、スペアキーを作れる可能性があります。マスターキーが曲がったり、折れたりした場合は、早めにカギ専門業者に相談していた方が安心です。

カギが抜けない

カギのトラブルでは、差し込んだカギが抜けなくなるというのもあります。このようなトラブルは、カギやシリンダーのメンテナンス不足によって引き起こされる現象です。しかし、差したカギが抜けなくても、決してパニックにならないことが大切です。パニックになって無理やりカギを抜こうとすると、カギやシリンダーに大きな負担がかかり、シリンダーから丸ごと交換しなければならないこともあります。落ち着いてカギ専門業者に連絡するようにしましょう。

カギの処分

折れたカギを使わないからといって、ポイ捨てしてしまうのは大変危険です。折れたカギからスペアキーの作成が可能なので、犯罪などのトラブルの原因に繋がる可能性があります。そのため、カギを処分する際は新聞紙やティッシュなどに包み、地域の分別方法に従って処分をした方が防犯面からみても安心です。

当店は岡山倉敷市にて、合カギの作成やカギの交換を行っております。
夜中にカギ紛失などのトラブルに見舞われて、困った経験がある方も多いのではないでしょうか。
当店では24時間出張サービスも行っておりますので、真夜中のトラブルでも迅速に対応することが可能です。カギ紛失やカギが抜けないなどのカギトラブルに見舞われた場合は、ぜひ当店にご連絡ください。

カギのトラブル何でもご相談ください!!24時間出張致します。カギの110番 安心ロック 0120-39-3369 【対応エリア】倉敷・岡山・玉島・児島・水島・玉野・笠岡・総社・高梁・長船・備前・香川