HOME > カギとシリンダーのメンテナンス方法について

カギとシリンダーのメンテナンス方法について

私たちが安全に生活するために、や車、バイク、金庫などにはシリンダー(錠前を操作するカギ穴の部分)が取り付けられています。カギは防犯対策の他にも、プライバシーの確保を実現しこの社会には必要不可欠な物の一つといえます。こちらでは、カギとシリンダーのメンテナンス方法についてご紹介いたします。

シリンダーのメンテナンス方法

シリンダーにカギが引っかかってしまい、抜けなくなったという経験がある方は多いのではないでしょうか。
カギが引っかかってしまう原因はいくつかありますが、その一つとしてシリンダーにゴミや埃が詰まっていることが挙げられます。改善するためにも定期的にハンドクリーナーや掃除機などを使って、埃やゴミを吸い出すようにしましょう。

掃除後に、カギ穴専用のスプレーを吹きかけることで、カギの滑りが良くなるはずです。
専用外の潤滑剤を吹きかけると、残された小さな埃などが付着して症状の悪化に繋がるので気をつけるようにしましょう。このような対策をしても、改善されない場合は、早めにプロの鍵屋に相談することが大切です。

カギのメンテナンス方法

カギもくぼみにゴミが溜まりやすいので、メンテナンスをするとトラブルが少なくなります。
古いハブラシを使うと、簡単にメンテナンスすることが出来ます。
特にディンプルキーはくぼみの部分が多いので、丁寧且つ念入りにブラッシングするようにしましょう。

またカギが抜きにくい場合は、全ての刻み部分を鉛筆で黒く塗りつぶすことでスムーズに抜くことが出来ます。
鉛筆の黒鉛がパウダーの役割を果たし、滑りを良くしてくれるのです。潤滑油がない場合におすすめです。
衣服が汚れる原因にもなるので、黒く塗りつぶしたカギはキレイにしておきましょう。

当店は、岡山倉敷市にて、カギ交換や合いカギの作成など様々な依頼を承っております。
カギの性能は時代を追う毎に進化しています。アパートをお持ちの方は、物件の価値を高めるためにもカギ交換などのしっかりとした防犯対策は必要になるはずです。24時間出張サービスにて早い対応を心掛けておりますので、カギ交換をはじめ合いカギの作成、カギのトラブルがございましたら、ぜひ当店をご利用ください。

カギのトラブル何でもご相談ください!!24時間出張致します。カギの110番 安心ロック 0120-39-3369 【対応エリア】倉敷・岡山・玉島・児島・水島・玉野・笠岡・総社・高梁・長船・備前・香川